渋谷区代々木のIT企業:株式会社サーブの採用サイト

エントリーはこちら

その他のお問い合わせは

弊社Webサイトへ

求める人物像サーブで働くメンバーとしての心構えに共感いただける方々を求めています。

役員メッセージ

代表取締役 大道 喜美雄

チーム体制で業務を遂行できる会社へ

代表取締役 大道 喜美雄

当社は1990年の創業から31年が経ち、個人的な営業力や技術力などで会社を牽引する段階から、チームとしての組織力を活かす経営へと移行していく段階をむかえようとしています。
「会社の将来を見据えて若手を育てていきたい」
「組織の若返りを図りたい、<第二創業期>として社内を変革したい」
「現在、チームでの動きができず個々にまかせているが、早急にチーム体制で業務を遂行できる会社にしたい」
という想いから、積極的に人材を募集することにいたしました。

「人材の流出を防ぎ、優秀な人材を確保」「組織の活性化」「既存社員のレベルアップ」「組織の年齢構成のバランス調整」というコンセプトのもとに、未来のためにそのスキルを次世代へと伝承しつつ、新たなメンバーとともに当社の「第二創業期」を迎えようと考えています。
どしどし応募してください、株式会社サーブで一緒に働きましょう。

理想的な人物像

株式会社サーブでは<向上心><帰属意識><組織プレー能力>を意識して事業を営んでいます。

向上心

ソフトウェアハウスとしてのマーケットは多種多様であり、どの分野でも適応していく柔軟性が欲しい。
人材不足が進む中、会社を成長させ業を拡大していくためには、会社の財産である人材の確保・社員の能力(技術力)の向上が必須であり、社員の帰属意識を醸成し続ける必要がある。

帰属意識

個人の能力が尊重される時代に移り変わっている現在、会社への帰属意識が薄れている感じがする。帰属意識が低いとモチベーションの低下・コミュニケーションの減少・社員の定着率の悪化に繋がる。
よって、「会社の一員であるという自覚」の帰属意識を持って働くとにより
・従業員同士の結び付きが強くなる
・チームの一体感もできる
・会社への定着率が高くなり長期的な人材確保に繋がる

帰属意識の高い職場により、社員一人ひとりが安心して働くことができ、個々がもつ能力を最大限発揮できるようになり、会社全体の組織力アップに繋がる。

組織プレー能力

小規模な会社の特徴として、個人の能力に頼る事が多く、個人の信用は得ているが会社としての組織プレーでの機能ができていないためユーザから会社としての認識は薄いと思われる。

個人の能力に頼るのは限界があり、組織プレーがないと、保守マーケットを押さえられない。よって、会社として組織での動きが必要であり、それには人材の確保が必須である。
但し、組織力は、ある程度の個人技を持つ人材の集まりでないと発揮できない。

会社として働き方や福利厚生の改善やインナーブランディングの実践、また、コミュニケーションの活性化を目的とした社内イベントの開催や、誰もが気軽に話せるミーティングなどの場づくりを積極的に行い、社内の人間関係及び組織の魅力を向上させ事が重要である。

組織の一員としての意識が強まることで、社内の活性化に繋がり、組織全体の雰囲気が良くなれば採用においても企業の魅力として求職者にアピールする事ができる。

柔軟に幅広く採用していきます

サーブでは多様な人材を求めています。

経験浅めでも歓迎

社内で教育するので、システム設計や開発の経験なしも大歓迎。
あなたの取得した資格やスキルを活かせる様な業務が必ずあります。
まずお問い合わせを!

実務経験年数不問

システム設計・開発から離れていた方も大歓迎!

あなたの向上心を重視

スキルや経験はもちろんですが、本人の向上心を重視しています。ぜひ面接いただき、あなたの思いをお聞かせください。